So-net無料ブログ作成
検索選択

玩栗犬と、 ヴェノムクロニクル・ファイル3 [海外トイ]

増殖する黒い悪意。「シンビオート共生体」の歴史その3。
1CIMG2796.JPG
4か月ぶりの再開(汗)。今回もワテクシの趣味に付き合って頂くわネ。


それでは今回はこの2体。
1CIMG2799.JPG
左が「マーベルセレクト ヴェノム・ ダイアモンドセレクト社製」、
右が「ヴェノム(スコーピオン ヴェノム)・ ハズブロ社製」。

1CIMG2816.JPG
今回は右から。
「ヴェノム(スコーピオン ヴェノム)」の宿主は「エディ・ブロック」ではなく、
ヴィラン(悪人)スコーピオンこと「マック・ガーガン」という人物。
スコーピオンとは元はサソリ型の怪人で、2代目宿主を殺したヴェノム・シンビオートが
そのスコーピオンと融合して生まれたのがこのヴェノムなのです。

1CIMG2803.JPG
その為、ヴェノムの体でサソリの尻尾を持ったこの姿になった訳。尻尾はシンビオートが
変化した物なので出し入れは自由。
フィギュアは尻尾に間接が仕込まれて自由に可動させることができます。その尻尾も
ヴェノムの背中に差し込んでるだけなので取り外し可能。上腕のロール軸可動がオミット
されてて腕ののポージングが意外と不自由なのが欠点かしら。

とはいえ、ワテクシの知る限りでは可動フィギュアでの3代目ヴェノム立体化は、これ1つだけ。
変わり種ヴェノムとして大事にしたいフィギュアです。

1CIMG2802.JPG
<初代ヴェノムの最後とヴェノムを継いだ人達その1>
・スパイダーマンと和解と対立を繰り返しつつ、クライムファイターとして活動していた
 初代ヴェノム「エディ・ブロック」は、ある日より体調の異変を感じる。調べた所
 末期の癌であることが発覚、余命幾許も無い事を知る。
 エディに取りついたシンビオートはエディから離れることを希望し、彼もそれに応じた。
 エディは闘病資金の調達の為、シンビオートを競売に掛ける。

・2代目宿主・「アンジェロ・フォルトゥナート」

 シンビオートを競売で競り落としたのはニューヨーク・マフィアの親玉、
 ドン・フォルトゥナートだった。シンビオートは息子のアンジェロの手に渡る。
 アンジェロは父親に認められるべく2代目ヴェノムとして大暴れするが、肝心のスパイディとの
 戦いで恐れをなし遁走。シンビオートに見限られてしまい、ビルからビルへ飛び移った際に
 強制的に離脱され転落死してしまった。


1CIMG2806.JPG
お次はこちら。マーベルセレクトで発売されたヴェノム。原作コミック版ヴェノムとしては
現時点で最高の出来であります。特筆すべきはその豊富なオプションで、それらを差し替えて
いろんなバージョンのヴェノムが再現できるのです。

まずこちらはトッド・マクファーレンデザインの、コミックで一番最初に登場した際のヴェノム。
この頃は長い舌も緑のヨダレもなく、大きく口の裂けた大柄なブラックスパイダーマンて感じでした。

1CIMG2808.JPG
頭部差し替えでオーソドックスなのヴェノムのお顔に。舌は着脱可能。


1CIMG2809.JPG
更に頭部差し替えでエディ・ブロックの素顔まで見れる!手首もカギヅメ型の大きな平手に差し替え可能!


1CIMG2812.JPG
極めつけはこのオプション!頭がボコボコと増殖し、腕が4本(その肘位から小さい手も出てる)
という不気味な姿に!
これはコミック内でジャガーノートと対戦し、工場の廃液タンクに叩き込まれた際に
シンビオートが暴走してしまった状態の再現なのです。

1CIMG2814.JPG
実はかなり昔、メーカーがトイビズ社だった時代にこの姿まんまで、
「ヴェノム・ザ・マッドネス」という名前でフィギュアが出たことがあります。
個人的妄想ですが、この姿再現は当時のトイビズ社製フィギュアのオマージュ
なんじゃないかな、なんて思ったり。

マーベルセレクトなんでデカくて他のフィギュアと絡ませづらいって以外は欠点のない
素晴らしいヴェノムフィギュア。今でもそこそこの値段で手に入ります。オススメ!


1CIMG2810.JPG
<初代ヴェノムの最後とヴェノムを継いだ人達その2>
・3代目宿主・「マック・ガーガン(スコーピオン)」

 先程の記事を参照。ガーガンと一体化した新ヴェノムはエディのころと比べ凶暴化し、
 人間を貪り食う凶行まで行うようになった。最終的にはシンビオートに主導権を握られ
 制御不能になる。その後彼から離脱したシンビオートをアメリカ軍が奪取。
 政府の管理下におかれる事に。

・4代目宿主・「フラッシュ(ユージン)・トンプソン 」

 元はスパイダーマンであるピーターをいじめていた級友(後に和解して親友の間柄になる)。
 彼はその後軍人となりイラク戦争に参加、戦闘中に負傷、両脚を失ってしまう。
 その戦闘を軍に評価された彼は、シンビオート適合者に選ばれ「両脚が戻る」事を条件に
 シンビオートと一体化、「エージェントヴェノム」となった。
 以降軍の元で働くが、先のヴェノムのような暴走を防ぐためシンビオートとの融合の固定化は
 認められておらず、1度の融合につき、48時間の制限時間が原則。
 コントロールを失うことがあれば、軍が"キルスイッチ”を押し、フラッシュが命を落とすよう
 仕向けられている。


1CIMG2766.JPG
それでは次回もお付き合いくださいませ!




おまけ。シンビオート繋がりでヴェノムと切っても切り離せない「あの人」。







1CIMG5398.JPG
ついに・・・ついに手に入れたわよ「マーベルセレクト・カーネイジ」!!
近日公開!お楽しみに!!


     

スポンサーリンク



【関連記事】
玩栗犬と、 ヴェノムクロニクル・ファイル1
玩栗犬と、 ヴェノムクロニクル・ファイル2
玩栗犬と、マーベルレジェンド・スーペリアヴェノム
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: