So-net無料ブログ作成

玩栗犬と、ガンダムコンバージ19 [食玩・カプセルトイ]

「ガンダムコンバージ」も第19弾!「Gのレコンギスタ」本格参戦!
1CIMG6401.JPG
正式名称「FW GUNDAM CONVERGE19 」2015年6月24日発売。

1CIMG6349.JPG
『GUNDAM CONVERGE』第19弾です。
《Gセルフ》《ガンタンク初期型》《V2アサルト》《ヘイズル改》とその強化ユニットである
《フルドド》を収録します。《ヘイズル改》はティターンズカラーも別ラインナップ、
 更に《フルドド》と組み合わせることで《ヘイズル・ラー》に、《V2アサルト》は次弾に
 収録予定の《V2バスター》と組み合わせることで《V2アサルトバスター》に換装可能な
 仕様で展開します。

お仕事前にコンビニで先行販売分を購入してきました!帰って即写真!早速レビュー!

1CIMG6403.JPG
まずは大きさを確認しとこう。
右から、ねんどろ赤城さん(約10センチ)、ガンダムコンバージ(へイズル改)、
同じボークス原型のSDフィギュアで、カバヤの食玩「トランスフォーマーDコレクション(コンボイ)」。
こちらについては当ブログからリンクさせていただいてるNT様のブログ
しょうけら覚え書き(仮)」にて詳しく紹介されてます。ご参考くださいませ♡


No.108 「 Gセルフ」
1CIMG6404.JPG
「Gのレコンギスタ」より、スペースコロニー「トワサンガ」製の高性能MS。
頭部ツインアイやブレードアンテナなど、宇宙世紀時代に活躍したガンダムを彷彿とさせる要素が
多数見受けられる。 バックパック換装機構を持ち、様々な局面で運用が可能。


1CIMG6366.JPG
「Gのレコンギスタ」の主人公機よね。はい、ワテクシまだ未視聴デス。超録画してるケド時間がナイ。
なんで詳しい事は分かりませんが、この機体は超好きよ。てかレコンギスタのメカデザインは
どれも基本的に好き。


1CIMG6408.JPG
定番のトリコロールカラーは若干薄めの水色がなんか斬新。おっきめのお目メがなんか可愛いの。
クリアパーツはそのお目メと胸のみ使用してます。特徴的なお顔のブレードアンテナは硬質素材。
バックパックの翼は軟質素材。


1CIMG6410.JPG

1CIMG6411.JPG
可動箇所は肩と手首の軸回転位。ホントは首も回るはずなんだけど、今回購入した
この「Gセルフ」だけ癒着でもしてるのか全く動かなかったわ。


1CIMG6371.JPG
ちなーみに今弾のシークレットはこの「Gセルフ」の武装違い。
ビームサーベルと、「アメリア製簡易シールド」。微妙っちゃ微妙だけど、400円ちょっとの
食玩でここまで良いモノを提供してくれてるんですもの。これ位はお付き合いしてあげないとね。



No.109 「ガンタンク初期型」
1CIMG6387.JPG
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場する、地球連邦軍が制式採用した大型戦闘車両。
大口径砲2門とマニピュレーター装着型の4連装機関砲を装備。


1CIMG6388.JPG
こちらもワテクシ未視聴の為、その活躍ぶりは分かりません。が、「ガンタンク」の
アーリータイプだけあって、おんなじように可愛らしいスタイルしてるわ♡


1CIMG6389.JPG
可動箇所は肩の軸可動、首と腰も回転します。メインカメラはクリアパーツ。
メインウェポンの大口径砲は硬質素材。へにょる事も無くて安心ね。頭のアンテナは
軟質素材なんで曲がり注意。


1CIMG6390.JPG

1CIMG6394.JPG
超カワイイ。ぶっちゃけ今弾のワテクシお気に入りアイテム。今弾はどの子が不人気で
売れ残るのかわかりませんが、もしこの子が売れ残るのならワテクシ超買う。
とりあえずイオンに入荷したらもう2、3個先に買ってくる。



No.110 「V2アサルトガンダム」
1CIMG6372.JPG
「機動戦士Vガンダム」より、リガ・ミリティアの新たなフラッグシップMSとして開発された
「V2ガンダム」の白兵戦用形態。両肩、腰、両膝に対ビームコーティングされた金色の
アサルト装甲を装着、両腰にヴェスバー、手にはメガ・ビーム・シールド と
メガ・ビーム・ライフルを装備する。


1CIMG6373.JPG
V2ガンダムの究極武装の1つ「アサルトパーツ」を装備した姿。背中の
「ミノフスキードライブユニット」がすべて別部品で外せたり、次弾に「V2バスター」が
ラインナップされてたり・・・もうおわかりよね?
取りあえずV2アサルトは2個買っときましょうか♡


1CIMG6374.JPG
お目メはクリアパーツですが、奥まってて見えにくい。アサルト装甲の金色は頑張ってますが
流石にメガビームシールドの塗り分けはちょいたりなかった。アンテナは硬質素材。


1CIMG6377.JPG

1CIMG6375.JPG
アップだとちょっと顔が荒れ気味。可動箇所は肩と手首、首の軸可動。腰は接着済み。
アサルトバスター再現が楽しみでしょうがない!



No.111 「ガンダムTR-1・へイズル改」
1CIMG6357.JPG
「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」より、ティターンズがコンペイトウ工廠にて
作製した実験機「へイズル」を、予備部品とジム・クゥエルのパーツを用いて修復、強化した機体。
Gパーツ「フルドド」 とドッキングすることで機動性、防御力を大幅に上げることができる。


1CIMG6358.JPG
この機体は全く知らないんだけど、これ元のベースは「ジム・クゥエル」なんだそうで。
「0083」でモンシアさん達が誇らしげに見てたアレね。ここからガンダムMk-IIへと
進化していくのかしら?最近は外伝とかでガンダムがやたら増殖してるから、調べ出すと
訳が分かんなくなってくるのよね。


1CIMG6397.JPG
見てくれは素ガンダム+今風直線多用アレンジって感じで、ワテクシでも理解できるカッコよさ。
ただ、膝が馬鹿でかく、そのせいか台座無しだと前のめりにコロコロ転ぶ。
今まで紹介した商品もすべて透明の足首にはめ込む台座が付いてるんですが、なくても普通に
直立するんですケド(今までのコンバージシリーズのほとんどがそう)、この子は別格の模様。


1CIMG6398.JPG
幸いこの子足と足首が別部品の差し込み式になってるんで、足首を差し込む角度とか深さとかで
バランスの調整が可能、台座無しでも立てれるわよ。
可動は肩、手首、首の回転です。


1CIMG6356.JPG
あと、バックパックの組み換えで、手に装備していたシールドブースターを背中に装備することが
できます。更に左だけでなく右腕にもシールドブースター装着用の穴が空いてるんで、
この子を3個買えばシールドブースター3つ装備した高機動形態を再現できるわよ。



No.112 「ガンダムTR-1・へイズル改(ティターンズカラー)
1CIMG6379.JPG
「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」より、へイズル改の実戦配備が決定した際に、
本格的なティターンズ正規カラーへと塗り変えらた姿。


1CIMG6380.JPG
No.111「へイズル改」のカラバリであります。が、一気にティターンズらしくなった。
「黒いガンダム」、か・・・(機動戦士Zガンダム 第01話タイトル)。


1CIMG6381.JPG
カラバリですんで、特にへイズル改との違いはありません。転びやすいのも同じ。


1CIMG6386.JPG
もちろんシールドブースターを背部にセットすることも可能。
シールドブースター・・・被弾するとギャンの盾並にヤバそうな代物ね。


1CIMG6399.JPG
ただ、これはへイズル改にも言える事ですが、これからご紹介する「フルドド」との
合体ギミックの為か、おムネやお腰のアーマーとかがかなりポロリしますんで紛失注意よ!
お腰アーマーのポロリがわりと頻繁ちょい厄介。



No.113 「Gパーツ・フルドド」
1CIMG6361.JPG
「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」より、へイズル改の追加パーツの機能を持つ、
航宙戦闘機である。へイズル改とドッキングし、機動性、防御力を大幅に上げることができる。
この状態をへイズル・ラーと呼称する。また、フルドド2機を前後に接続することも可能である。


1CIMG6362.JPG
この状態で見れば、平べったいわりと残念な戦闘機。だが、へイズル改と合体する事で
その真価を発揮する。このフルドドと台座の他に、合体用ジョイントとへイズル改胸部装甲、
ロング・ブレード・ライフルが付属してます。


1CIMG6363.JPG
直線を多用した今風デザインの戦闘機。その名も「フルドド」。
オペレーターが地味に発音しにくそうな、やな名前ですね。ドを一つ二つ多く言いそう。
それでは、フルドドドッキングマニューバ!スタート!


1CIMG6353.JPG
コチラ、ドッキングを横から見た写真。見にくくなるので、右の翼をはずしてます。
外箱には「写真を参考に合体させろ」みたく書いてあったが、合体後をよく知らないワテクシは
かなり手こずったわよ。完成写真のアップを見ながらあーだーこーだして、こんな感じ。
たぶんこれで合ってると思います。


1CIMG6350.JPG
あとは胸部装甲とロング・ブレード・ライフルを装備して、完成「へイズル・ラー」!
これは・・・アリだな。カッコイイ。


1CIMG6352.JPG
背後はこんな感じ。この背中の背負いもののおかげで前傾姿勢気味のへイズルが安定して
転がらなくなる。なるほど、ドッキング前提のバランスだったのね。


1CIMG6354.JPG
設定ではフルドド2機合体もあるらしいけど、出来るんだろうか?お腰のアーマーが外れるのも
そのドッキングの為の布石かも知れない。
フルドド2機合体を知ってる方、ぜひチャレンジしてみて頂戴!


1CIMG6393.JPG
以上、「ガンダムコンバージ19」でした!
5センチそこらの大きさに各種モールドと細かい塗り分け。コンバージは出来の良さが
高水準で安定してるわね。今回もどの子も安心して買えます。
貴方も気にいった子がいたらちょっとつまんでみて!カッコイイわよ!
さて、ガンタンク余ってるといいなあ・・・。
でもよく出来てるし、真っ先に無くなってる気もするのよねえ・・・。


※「ガンダムコンバージ20」は、9月30日発売!ベアッガイがいる!!
これはブームになるぞ!コップにしがみついたりケーキに乗ったりするぞ!
そしてへイズルがまたスゴくなってる!購入して確かめないとネ!オススメ!




1CIMG5576.JPG
今じゃなきゃ2度と言えないコンバージギャグ!!
「ボルジャーノンに、ネギ束を!!」
・・・え、放送終わった!?


     

スポンサーリンク



【関連記事】
玩栗犬と、ガンダムコンバージ20
玩栗犬と、MS IN ACTION・ ヅダ1番機
玩栗犬と、ガンダムヘッドコレクション
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 9

コメント 2

NT

ご紹介ありがとうございます♪

今回もみんなイイ出来ですよねー。
Gセルフの頭部の造形がすごく好みで、
このままロボット魂に付けたいほどですw

by NT (2015-06-23 11:38) 

がんぐりーぬ

・NT様・ ご訪問ありがとうございます!
今回は荒れ気味のV2アサルト以外は皆イケメンさんですね♡
この子のおかげでワテクシの「Gセルフ欲しい熱」も再燃中!
ワテクシもロボ魂Gセルフ買おうかな・・・。
by がんぐりーぬ (2015-06-23 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0