So-net無料ブログ作成
検索選択

玩栗犬と、アクションフィギュア範馬刃牙&勇次郎 [可動フィギュア・その他]

男と生まれたからには誰でも一生のうち一度は夢見る「地上最強の男」 。
「グラップラー」とは・・・「地上最強の男」をめざす格闘士のことである!
1CIMG7741.JPG
正式名称「グラップラー刃牙 範馬刃牙・範馬勇次郎アクションフィギュア」発売年月不明(相当古い)。

1CIMG7800.JPG
発売元アートストーム(プラネットトイズ)。驚異の30箇所可動(勇次郎は32箇所)を誇る
究極のアクションフィギュアとして発売。まだその時代は可動フィギュアの黎明期。
「S.H.フィギュアーツ」や「超像可動」、「figma」なんて存在しなかった頃の商品である・・・。

おかげさまで、今回の記事が丁度200回目の更新となります。ここまでブログを続けられたのも
全ては読者の皆様のおかげ♡ありがとうございました♡・・・これを感謝と言うのだろう!

折角の記念記事ですので、今回は予定を変更してこちらをご紹介!
アクションフィギュア黎明期の「オーパーツ」とも言える範馬親子のフィギュアレビューを
読者諸兄、あなたにこそ捧げたい!



1CIMG7797.JPG
まずは「グラップラー刃牙」から「刃牙道」に続く一連の漫画シリーズの主人公「範馬刃牙」。


1CIMG7731.JPG
いつもの比較画像は訳あって後回しで前面から。
「範馬刃牙」とは、高校生ながら、地下闘技場のチャンピオンに君臨する格闘家。
ファイトスタイルは「範馬刃牙流格闘術」。「地上最強の生物」範馬勇次郎の息子である。


1CIMG7732.JPG
これ以上の説明は無用でしょう。数多くのファンを生んだ名作格闘(でいいのかな?)漫画です。
漫画を滅多に読まないワテクシも、この作品は例外なのです。


1CIMG7736.JPG
この商品は「最強地下闘技場 死闘編」とあるので、「最大トーナメント前」の鎬昴昇や
マウント斗羽と戦っていた頃の姿の再現てことでいいのよね。かなり初期の姿です。


1CIMG7737.JPG
アップで。漫画と比べてお顔が「似てる」とは思わないけど・・・
なんてゆうか、独特の誇張された筋肉を纏ったボディラインも含めて、
物凄く「範馬刃牙」らしい雰囲気を放っております。


1CIMG7735.JPG
ちなみにこの商品にはカラバリがありまして、この赤トランクスに「叫び顔」の他に、
黄色トランクスに「通常顔」てのもあるの。


1CIMG7749.JPG
付属品は替え手首が付属。こちらの握り手の他に


1CIMG7753.JPG
指を広げた手首がありますわよ。


1CIMG7796.JPG
あとこんな台座も付属。支柱は伸ばせます。台座は勇次郎のと共通。



1CIMG7738.JPG
可動させてみる。「30か所可動」は伊達じゃなく、現在のアクションフィギュアにも匹敵する
ポージングができます。特に


1kCIMG7743.JPG
蹴りポーズの決まり具合が


1CIMG7744.JPG
ハンパない。肘膝の2重関節は流石に仕込まれてませんが、


1CIMG7746.JPG
代わりに肩の前後可動が仕込まれてます。最近のS.H.フィギュアーツや
マーベルレジェンド素体とかでよく見かけるアレです。これは凄い。


1CIMG7739.JPG
「トリケラトプス拳」とかやってみる。あ、脚ポーズが左右逆だわ。
関節可動が凝ってて、動かして楽しい、これぞ「スーパーポーザブルフィギュア」って感じ。
時代を考えると、ほんとオーパーツだわコレ。


1CIMG7740.JPG
ただワテクシんちの刃牙は、素材の劣化こそないものの、各関節がかなり緩んできてて
今は台座の支え無しじゃ満足に直立もできない状態なの。まあ、仕方ないわよね。



1CIMG7767.JPG
続きましてご紹介!「地上最強の生物」範馬勇次郎!・・・・・・・・あァ~れェ~~~?


1CIMG7759.JPG
前面。「範馬勇次郎」とは、範馬刃牙の父にして、漫画「グラップラー刃牙」における
「最強の生物」。その戦闘力は国家軍事力をも上回るとされる。ホントに。


1CIMG7760.JPG
背面。「地上最強の生物」「オーガ(鬼)」「巨凶」等の数々の異名を持つ。
そのインパクト強すぎる逸話の数々は、ぜひ漫画で楽しんで頂戴。
・・・しかし・・・。


1CIMG7757.JPG
購入時からずっと思ってたけど・・・これを範馬勇次郎と呼んでいいのかしらね?
まだ体にトーンすら貼られてない超初期の姿とは言え・・・こんな顔してましたっけ???
ワテクシの個人的第一印象は、「鎬紅葉ベースの柴千春」。


1CIMG7758.JPG
ですが、強調された筋肉に包まれた巨躯から漂うオーラは、尋常じゃない。
いつもの黒いカンフー着が下半身だけなのは


1CIMG7755.JPG
そう、「これ」を再現する為。異様なまでに発達した打撃用筋肉(ヒッティングマッスル)が
背中に浮かび上がらせる・・・


1CIMG7756.JPG
筋肉のみで造り上げられた鬼の形相(めん)!!これが「オーガ(鬼)」の由来である!!
・・・ん~。こんなだったかしらね?


1CIMG7729.JPG
そしてでっかいです。いつものねんどろ加賀さんは約10センチ。


1CIMG7730.JPG
刃牙と対峙させるとこんな感じ。でかいでかい。


1CIMG7763.JPG
可動は刃牙と同じ+手首の軸回転2箇所で32箇所の可動関節らしい。
が、なんか刃牙と比べると各関節の可動範囲がやや狭いのか、イマイチポーズが決まんない感じ。


1CIMG7761.JPG
でも身体はでかいし腕も脚も長いので、ポーズの迫力はあります。


1CIMG7773.JPG
付属品で平手の手首が付いてますよ。
てことで、差し替えて「オーガの構え」ぽく。腕の上がり方的に、まだ「本気」じゃない。


1CIMG7774.JPG
腕を振り上げて・・・


1CIMG7776.JPG
「ッチェリアアアァッ!」
ドゴオッ


1CIMG7775.JPG
地震の揺れすら止める剛腕パンチ!!
あ、ポーズはこちらで適当に。原作読んだのは大分前なんで、勇次郎のポーズが
イマイチ思い出せないの。(あとで調べたら全然違うし、このフィギュアじゃ再現不可能だった。)



さて、それではそろそろ始めてもらおうか!史上最強の「親子喧嘩」!!




1CIMG7742.JPG
親子の激闘勃発!!それはそれとして、ちょいと余談。
こちらの商品、発売はワテクシには年月もわからない位古い物で、
「こんなのがあるんだってよ」みたいのを、5,6、年前くらいに知ったのよ。
もちろん、知ったその日から「そそられていた」。




1CIMG7781.JPG
んで、ワテクシがまず手に入れたのが刃牙。4年前かな。出張先の広島の
某レンタルケースショップで購入。見つけた時めっちゃテンション上がったわね~。


1CIMG7778.JPG
そして勇次郎は3年前に私用で岡山に行った際、なんとなく入った模型店で、
未開封で壁にかかってるのを発見、購入したの。
どっちも思いがけず購入できた物ですから、ワテクシ思い入れもひとしおなのです。



1CIMG7779.JPG
で、このシリーズ、ラインナップは範馬親子だけでなく
「愚地独歩」元館長と「花山薫(フンドシver.)」も発売されたらしいのよ。
その2人とだって、いつかきっと出会えるハズって、ワテクシ・・・信じてる!!

てゆうか、

バンダイがフィギュアーツZEROで「範馬刃牙」シリーズを展開し始めた時、
ワテクシ「S.H.フィギュアーツ刃牙来るな」と超期待して待ってたんですけど。


・・・S.H.フィギュアーツ「烈海王」がでたら・・・購入したかった・・・。
・・・購入・・・・・・したかったのにィィィ!!!(クライベイビーサクラ)


1CIMG7785.JPG
以上、「アクションフィギュア範馬刃牙&勇次郎」でした!
キミの手で刃牙の活躍の数々を(ある程度)再現できるぞ!見つけたら買っとこう!
個人的にオススメです!




おまけ!適当に遊んでみる!ついてこれる方だけ、ついてこいッッ!!





1CIMG7802.JPG
リアルシャドーとは!思い込みの強さで対戦相手をリアルにイメージし、その相手と戦う事!
刃牙ならば、体重100キロの蟷螂との試合が創造(つく)れるんだ!!!

・・・カマキリってこんなだったっけ?



1CIMG7786.JPG
カマキリと改造兵士の区別もつかん出来のワルい倅には、躾が必要ッッ!!
激痛(いた)がりやがれ!!苦痛(いた)がりやがれ!!辛苦(いた)がりやがれ!!
「~~~~~~~~~~~~~~!!」



1kCIMG7754.JPG
ごめんなさいお父さん!カマキリはよく知らないけど、ゴキブリなら大家ですッッ!
いかがですか!あなたの息子があみ出した!時速270キロ!!
蜚蠊(ゴキブリ)タックル・・・ッすッッ!!



混迷を深める親子対決!勝利を収めるのはどちらなのか!?ネタも尽きたので唐突に終了!!!




1CIMG7791.JPG
ファンの方々失礼しましたッ!ネタですからッ!怒らないでねっ♡


     
     「範馬刃牙」 おもちゃ・ホビー関連商品


スポンサーリンク



【関連記事】
玩栗犬と、真・仮面ライダー 序章 S.I.C. 改造兵士レベル3
玩栗犬と、すーぱーぽちゃ男
玩栗犬と、figma 考える人
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 21

コメント 2

けいた

がんぐりーぬさんはじめましてヽ(・∀・)ノ

先ずは200回おめでとうございます
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

刃牙の最高峰、アートストームの刃牙ですね
Σ(゜Д゜)

うん、コレ刃牙はいいんですよ、刃牙は…

その後の勇さんはがんぐりーぬさんのブログ通り、そして薫さんに至っては…(;つД`)

この刃牙を造れるアートストームが何故?


あの時代のOパーツですねv(・∀・*)
by けいた (2015-08-17 23:08) 

がんぐりーぬ

・けいた様・ ご訪問、並びにご祝辞ありがとうございました!
薫さんもイマイチなんだ・・・。聞いた噂では、薫さん
超色白美肌らしく、ちょい興味あったのですが・・・。

決して需要無い訳じゃないんだし、今の技術で「可動刃牙」を
発売してもらいたいものです。
千値練 さんあたりお願いできないかしら?
(値段高くなりそう。)


by がんぐりーぬ (2015-08-19 18:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: